廃車コツはモデルを通じて違う?

モデルを通じて廃車ツボは違うのでしょうか?以下に、モデルごとに廃車ツボをまとめます。

 

11トン以上のビッグクルマの廃車ツボ
 ⇒基本的には当たり前愛車って徹頭徹尾おんなじ

 

軽自動車の廃車ツボ
 ⇒基本的には当たり前愛車ってまるっきり同じだが、 
   廃車タスクを通しても軽自動車税の返上がない

 

原サービスバイクの廃車ツボ
 ⇒バイクをスクラップにする廃車タスクと
   一時的にバイクの利用を諦める廃車タスクがあります。
  値プレート、標識授与証明書、廃車申請書が必要です。

 

軽二輪車バイクの廃車ツボ
 ⇒原付バイクよりも必要な書類が多くなります。
   値プレート、軽自動車届出済証、軽自動車届出済証返上届
   軽自動車届出済証返上証明書授与注文書が必要になります。

 

小形二輪クルマ以上のバイクの廃車ツボ
 ⇒基本的には愛車と同じ一時的な抹消と永久的な抹消があります。
   抹消登録申し出書、手間賃納付書、値プレート、車検証、
   軽自動車税申請書、委任状が必要になります。

 

このように、モデルを通じて若干の発表書類の違いがあります。
また、各種煩雑なタスクもあります。

 

苦労ならば、廃車専門の買い取り業者によるのがお勧めです。
以下に紹介する廃車のアドバイザーは、上記の廃車タスクも
完全に無料で代行して頂ける。

 

気になる人間は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

廃車買取TOPへ